寿司マニア
コンテンツ

ウェットスクラバーの概要

ウェットスクラバーというのは、粉塵が含まれているガスを気液体混合させて、集塵や脱臭、ガス吸収などを効率よくおこなう装置のことをいいます。内部はガスの案内板と呼ばれる部分と、液面で狭められたスロート部分が高速で通過するときに、大量の水を同伴させて、分散させる仕組みとなっています。

そして、スクラビング部分で渦流となり、この部分で効果的な気液が混合されるようになっています。ウェットスクラバーは極めてシンプルな構造となっており、メンテナンスの手間はもちろん、コストなども大幅に削減できるところがメリットです。

スクラバーには種類があります

スクラバーは、多くの工場などで採用されている装置で、工場から排出される、有害ガスやチリなどの有害物質を排除する装置です。洗浄塔とも呼ばれとても大きい装置で縦長の筒状になっていることが多いです。

塔内部に酸性かアルカリ性の洗浄液を噴射させ、有害ガスを中和させる温式と、活性炭などを利用し、高性能フィルターを通過させ、有害ガスを排除する乾式があります。どちらのスクラバーにするのかは、設置する工場の性質によって変わりますが、どちらの装置もしっかりと有害ガスを排除することが出来るので、設置している工場がとても多いです。

除去装置のスクラバーです

スクラバーは、工場などで排出される、排気ガスなどに含まれている、チリや有害ガスなどを取り除く装置となっています。洗浄塔とも呼ばれ、縦に長い装置で筒状になっています。

塔の内部には、アルカリ性か酸性の洗浄液を噴射し、排気中の汚染物質を除去していく温式という仕組みと、活性炭などの吸着剤を使用して、高性能フィルターに有害物質を通過させることで吸着させる乾式という仕組みがあります。どちらの装置が良いのかは工場によって、判断し設置していきます。形状なども工場によって変えることが出来るので、多くの工場で採用されています。

スクラバーのエゼクタ型の特徴と機能

スクラバーというのは、排ガスの中の煙や有害ガス、微小粒子などを除去するための、工業的除塵装置のことです。大きく分けるとベンチェリ型とエゼクタ型があります。エゼクタ型は、高圧化した液体をスプレーノズルから噴出させて、ガス中の有害成分を除去する仕組みとなっています。

吸収力と除塵力に優れているのが特徴で、ほかにもガスを吸入して圧送する能力なども備えています。このため、工業的除塵や空気調和などにも最適な装置となっているのです。また、付着物による能力低下なども起きず、耐食性材料も使用することができるのです。

多様化されているスクラバー

工場や飲食店などの業務用で使用されているスクラバーは、一般の人には知られていない装置かもしれません。そのようなことから工場を新たに稼動させるのであれば、信頼できる評価の高い業者などを見つけることが必要になるでしょう。インターネットなどで調べてみると、スクラバーの取り扱いがある会社は数多くあります。

インターネットサイトなどによっては、仕様の用途や価格、メンテナンス等を比較しているようなサイトも存在します。導入するにあたってはコストがかかりますが、長い期間稼動することができますので、導入の際にはしっかりと調べて導入するようにしましょう。

スクラバー関連

中華料理、ちくわ、スクラバーについてのお問い合わせは現在お受けしておりません。

中華料理、ちくわ、スクラバーの情報の今後増やしていきます。参考程度にしてください。